家族葬を行うことのメリットとは

最近はお葬式のスリム化が進み、大勢の会葬者や弔問客を招待する一般葬に代わり、家族や親しい友人だけが参列する少人数のお葬式が増えています。少人数のお葬式の中でも、家族だけで葬儀を行う家族葬が人気を集めています。都市部では半分以上の葬儀が家族や親しい友人だけが参加する少人数スタイルの葬儀で占められているほどです。大勢の人を招待する従来型の一般葬に対して、家族などの近親者だけで小規模に執り行われる葬儀は多くのメリットがあります。小規模なお葬式であれば葬儀費用や葬儀を行う遺族の精神的な負担が軽くります。少人数のお葬式であれば香典料の記録や計算などで多額の金銭を管理する必要もありませんし、故人の関係者にとっても形式的・儀礼的な弔問をしなくても済むという点で、利点があります。

お葬式を執り行う遺族にとってのメリット

家族葬は会葬者の人数が少ないため、葬儀を執り行う側の金銭的・精神的な負担が軽くなることが最大のメリットです。少人数でお葬式をする場合には小さな会場を借りるので、会場費を節約することができます。会場費に加えて飲食などのおもてなしをする人数も少なくて済むので、一般葬よりも葬儀費用の総額を低く抑えることができます。家族葬は、費用面以外にもメリットがあります。一般葬では多くの人が訪問するため、葬儀を行う遺族は弔問客への対応に追われてしまいます。供物や香典料を頂いた方のリストを作成し、葬儀後にお礼の品を送る必要もあります。多くの雑用をこなさなければならないので遺族の人が故人との別れをする暇がありませんし、訪問者の対応で精神的に大きな負担となってしまいます。一般弔問客を呼ばない少人数のお葬式であれば、弔問客への対応や雑用が不要なので精神的な負担が軽くなるため、ゆっくりと故人と最後の時を過ごすことができます。

逝去の連絡を受ける人にとってのメリット

一般葬は故人とあまり親しくなかったような人からも、形式的な弔問や香典料を受けます。このため、職場関係などで故人と面識がなかったような人でも自分のスケジュールを調整して儀礼的に葬儀に出席して、形ばかりの焼香を行って香典料を渡さなければなりません。規模の大きなお葬式であれば、大半の弔問客はマナーとして仕方なく訪問しているに過ぎません。一般葬は故人とあまり親しくなかった人にも余計な負担が強いられる、“面倒な”イベントのひとつです。一般弔問客の訪問を受けない家族葬であれば、故人とさほど親しくなかった人は形式的に葬儀に出席する必要がありません。このため、近親者以外の人が葬儀のために自分のスケジュールを調整したり、金銭(香典料)を負担する必要がないことは大きなメリットです。

お見積り・資料請求に関しましてはメールにてお伺い致します。 創業から50年。今では年間に約3000件もの実績を誇ります。 地域の皆様に精一杯のサービスを。市川市・柏市・松戸市・船橋市にお住まいの方々のご葬儀は当社へお任せ下さい。 忙しくてなかなか遺品の整理に時間がとれないお客様の為に遺品整理サービスも承ります。 家族葬で感謝を伝えよう