家族葬を行う時に気を付けたいこと

日本で行われるお葬式の多くが仏式の一般葬で、故人とあまり親しくなかった人も含めて多くの人が弔問に訪れます。これに対して最近は小規模でシンプルなお葬式が注目されています。特に故人の近親者だけで執り行われる「家族葬」が人気を集めていて、今は過半数を占めるまでになりました。少人数のお葬式を執り行う場合は、葬儀の計画を立てる方法や、お葬式に呼ばなかった人への対応方法について気を付けるようにしましょう。家族だけで少人数のお葬式を行う際は一般弔問客から香典料を受け取らないため、葬儀費用が高くついてしまう場合があります。お葬式についての連絡内容が不十分であれば、招待しなかった人が葬儀中に訪れてしまったり、後で葬儀に呼ばれなかった人から苦言を言われるなどのトラブルが起こる恐れがあります。

葬儀の計画を立てる際に気を付けたいこと

葬儀費用を低く抑えるために少人数の家族葬を選択する場合があります。葬儀の計画を立てたり、費用を計算する際に注意すべき点があります。家族だけで小規模な葬儀を執り行う場合は、近所の人に気付かれないようにするために自宅以外の会場を利用します。少人数のお葬式であれば、葬儀会場の費用や飲食費などは安く抑えることができます。ところが葬儀の規模に関係なく必要な固定費も存在するため、参列者1名あたりの費用は割高になってしまいます。費用を抑えるためには、固定費の費用を削減するようにしましょう。家族葬では一般弔問客からの香典料を受け取ることができません。施主が葬儀に必要な費用を全額負担しなければなりません。香典料による収入が全く見込めないため、あらかじめ葬儀費用の全額を用意するようにしましょう。

お葬式に呼ばない人に対する応対方法で気を付けたいこと

家族葬のメリットは葬儀に呼ばない人からの弔問・弔電、香典料・焼香を受けないため、訪問者に対する応対をする必要がありません。このため、近親者だけでゆっくりと故人とお別れをすることができます。葬儀に呼ばない人への連絡の際に気を付けるべき事があります。従来型の一般葬では、逝去の連絡(訃報)に葬儀の案内が記される場合があります。このため、訃報を受け取ったらすぐに葬儀に駆けつけなけなければならない、と思っている人が大勢います。葬儀に呼ばない人に対して葬儀前に訃報を送る場合には、参列や弔問・弔電、香典を辞退する旨を明記する必要があります。お知らせの内容が曖昧であれば一般葬と勘違いされて葬儀中に訪問を受けたり、弔電や香典が送られてくる場合があります。もしも弔電や香典を受け取ってしまうと、後でお礼をしなければなりません。お葬式に呼ばなかった人に対しては、葬儀後に「葬儀の報告」という形で訃報を出すことができます。葬儀に呼ばない親戚には、葬儀前に連絡をする方が良いでしょう。連絡の際に出席や訪問を辞退する旨を丁重に伝えて、事前に十分に理解を得ておく必要があります。