最近は家族葬が人気になっています

近頃の日本では、核家族化や、少子化、高齢化などの影響もあって、生活スタイルや、時代背景が大幅に変わってきています。その変化に応じて、葬儀のプランについても大きな変化を遂げています。かつて盛んに執り行われていた一般的な形式の葬儀は、近頃減ってきていて、近頃は都市部をメインに家族葬を行うことが人気となっています。この葬儀は、葬儀にお招きする人を遺族が親しい人たちに絞り込んで、少ない人数で行います。この葬儀は、故人の遺族の方たちだけで行うものだと思っている人もいるのですが、実際には、親戚や、故人と生前に親しくしていた方たちも、お招きすることがあります。参列する人を絞り込むことの他には、一般的な形式の葬儀と、あまり違っていることはありません。

選ばれている理由とメリットについて

家族葬が選ばれている理由として挙げられるのは、葬儀にかかる費用が抑えることができるという理由や、身内の気が知れた人たちだけで葬儀を気兼ねなく行うことができるという理由、高齢になってから亡くなったので、ご健在の親戚や、友人、知り合いが少ないという理由などがあります。また、故人が生前に終活としてエンディングノートなどに具体的に自分が亡くなったときに依頼する葬儀社やプランを書き留めていたので、それに従って選んだという理由の遺族もいらっしゃいます。この葬儀のメリットは、参列する人に対する気遣いをする必要がほとんどないので、体力的な面でも、精神的な面でも、負担を抑えることができることや、故人と、お別れをする時間を充分に確保することができることなどが挙げられます。

前もって注意する必要があること

家族葬にお招きする人たちは、親しい方だけに絞り込むので、仕事関係の方や、近所の方などはお招きしないのが一般的です。そのため仕事関係の方や、近所の方などを、もてなす必要がないため、会葬返礼品を用意したり、受付を設けてやり取りをしなくて済むというメリットもあります。親しい人たちだけが参列するため、前もって参列する方の人数を把握しやすくなるというメリットもあります。また、注意する必要があることもあり、前もって周りの理解を得ておく必要があることや、参列する人数が少ないので、香典をいただいた収入を使っても葬儀にかかる費用を賄うことができないこともあることなどが挙げられます。参列することを差し控えて欲しいということを前もって知らせておいても、葬儀の当日に弔問してしまう人が出てくることがあるので、注意する必要があります。