知っておきたい家族葬についての常識

最近は都市部を中心に、故人の近親者や親しかった友人など限られた人だけが葬儀に参列する家族葬を行う人が増えています。家族や限られた人だけが参列する少人数のお葬式は、多くの人を招待する一般葬と異なる面があります。故人の家族や近親者など少人数で執り行われる家族葬は、単に通夜や告別式に参加することができる人が少人数であるというだけではありません。弔電や弔問の対応方法についても、従来型の一般葬と大きく異なる面があります。家族でのみ葬儀を執り行うとの知らせを受け取った場合に、従来の一般葬と同じ感覚で対応してしまうとマナー違反になってしまう恐れがあります。近親者など少人数で行われる葬儀のお知らせを受け取った際は、一般葬とは違う対応をしなければなりません。

葬儀のお知らせを受け取った際の正しい対応方法

従来型の一般葬では、葬儀のお知らせを受け取った人は弔問や焼香のために葬儀に参列することができます。このため、お葬式は葬儀の日程や会場のお知らせを受け取った場合に、すぐに葬儀に駆けつけないと失礼にあたる、というのが常識でした。一般葬では職場関係者や遠い親戚など故人とあまり親しくなかったような人でも、葬儀に出席して儀礼的・形式的に弔問の挨拶をして焼香を行うケースがあります。家族葬では葬儀に参列できる人は、施主から正式に招待を受けた人に限られます。お葬式の知らせを受け取った場合も、葬儀に招待されていない人が訪問する事はマナー違反です。家族や近親者でのみ葬儀を執り行うとの連絡を受けた場合、施主から正式に招待されている場合にのみ参列するようにします。お葬式のお知らせを受け取った場合に、自分が葬儀に招待されているのかどうかはっきりしない場合には訪問しないようにしましょう。

お悔みの挨拶や弔電・香典料についてのマナー

家族葬は遺族から正式に招待を受けた人だけが葬儀に出席することができ、それ以外の人は訪問すべきではありません。これに加えて葬儀に招待されていない人が遺族の方に電話などでお悔やみの挨拶をしたり、弔電・香典料、供物などを送る行為もマナー違反にあたるので注意が必要です。仮に形式的であっても香典料や供物などを受け取ってしまうと、遺族の方は返礼品を送ったりお礼のあいさつをしなければならなくなってしまいます。このため、お葬式に招待されていない人は弔電や香典料、供物を送らないようにすべきです。葬儀に招待されていない場合にどうしても遺族の方に弔意を伝えたいのであれば、葬儀後にお返しを必要としないように値段が分からないようなお花を送ることができます。遺族の方に弔意を伝える際は、形式的・儀礼的な挨拶を避けるようにすべきです。